2019-03-25

仲間と共に働く素晴らしさを知ってほしい

医療現場では医師と看護師だけではなく、様々なコメディカルスタッフが一緒に働いています。
患者を総合的な視点でより細やかにケアするため、多職種同士が連携しながら進める医療、つまりチーム医療が進められるようになりました。

チーム医療のスタッフは、医師や看護師、そしてリハビリの専門家として理学療法士や作業療法士、栄養や食事の専門家として管理栄養士、心という視点からのサポートの専門家である臨床心理士などがいます。
職業が異なる人同士でチームを組むということは、お互いに知識を伝達できる、多角的に看護の病気や治療の方針などについて考えられるといったメリットがあります。

しかし、職業が違うということは、知っている知識が異なる、考え方が異なるといったデメリットもあります。
つまり、同じ職業の人同士なら専門用語を使い、そして最低限の知識を持っているものとして話をすることができますが、他職種の場合にはそうはいきません。
専門用語を使わず、また他の職業の考え方や立場について配慮したりサポートしたりする必要があります。

また、業務以外の場面でも、普段からお互いにコミュニケーションを取っておかなければいざという際にコミュニケーションを持ちにくいという人もいるため、相手の職業の特徴や基礎的な知識についても把握しておく必要もあります。
しかしうまく連携を取ることができれば、看護師にとっても多くのメリットがあります。